スタローンの「Creed 2」と「アカデミー賞」に対する現在の気持ち

creed800

先日から「Creed 2」への出演にかなり前向きな発言をしていたシルヴェスター・スタローンからここにきて消極的とも取れる発言が飛び出した。

サンタバーバラ国際映画祭でモンテシート賞を受賞したスタローンが「私は本当に複雑な気持ちです。真剣にロッキーはこれで終わった方が良いと感じている」とインタビューに答えた。

ランボー役からの降板発言があったばかり、どうなる「Creed 2」、せめて「Expendables 4」出演だけは前向きでいて欲しい!

そしてスタローンは第88回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたが白人しかノミネートされていない事への抗議で授賞式をボイコットする考えを持っていたと明かした。

『クリード チャンプを継ぐ男』の監督ライアン・クーグラーに相談、「この問題にどう対処して欲しい?今こう言う立場にいれるのは君のお陰だ。君やマイケル・B・ジョーダンの方が称賛されるべきだ。
君が行って欲しいなら行くし、行って欲しく無いなら行かない」と男気を見せた。

クーグラー監督は「この作品を代表して行って来て欲しい」と答えたそうだ。スライと「クリード」の仲間たちに栄光あれ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中